CodeY Guitar -エレキギターを辞めずに済んだギター弾きのブログ-

エレキギターを辞めずに済んだギター弾きの音楽とかギターとかアレコレです

注目記事リンク 〜最新記事は一つ下からとなります〜

ギタリスト【NAKAO☆】楽曲関連ページ 〜Guitarist Nakao's music link〜

ギターの師匠である「NAKAO☆」師の楽曲が聴けます!

清春のニューアルバムのMV公開!監督してるのがなんと。。。


スポンサードリンク
 

 

どうも、こでわいです。
清春さんのニューアルバム「エレジー」のトレイラー映像がYouTubeにて公開ということでですね。

 


清春 アルバム『エレジー』トレーラー

 

アルバムの収録曲である「ゲルニカ」のMVには、なんとね。今年の夏ごろだったっけな?
sadsのベーシストとして加入した『YUTARO』が監督を務めているという。

 


清春 / ゲルニカ

 

明日12月13日にリリースされる清春のニューアルバム「エレジー」の
トレイラー映像がYouTubeにて公開された。

このトレイラー映像ではアルバムに収録される全10曲の試聴が可能。
また、アルバムのDISC 2に収録されるポエトリーリーディング音源から
ゲルニカ」のミュージックビデオも公開された。

この映像はYUTARO(B / sads)が清春のMVで初めて監督を務めた作品で、
ドローン撮影を用いて歌詞の世界を表現している。

 引用元:https://natalie.mu/music/news/260633

 


スポンサードリンク
 

 


そう。『YUTARO』だ。あまり知っている人はいないかもしれないが、僕が最も好きなベーシストの一人だ。
レッチリの『フリー』と並んで。同率1位だ。


元々ゼリ→という名古屋で結成されたバンドでメジャーデビュー。それ以来ずっとファンだった。
ライブには残念ながら行ったことはないが。。。

 

ゼリ→が解散後にも、『内藤デュラン』(GITマスターズ優勝者ですな。)が
ギターボーカルを務めている(いた?)『undervár(アンダーバー)』を結成。


バンド自体は、最近はあまり活動していないみたいですが、(解散したか?)『YUTARO』個人としては
シシド・カフカ』のサポートベーシストをやったり、今回のsads加入したり。

 

ゼリ→の頃から、CDのジャケットから何から〜のビジュアル面でもデザインを担当したりもしているし、
ずっと第一線で活躍し続けているミュージシャンであり、アーティストさんなんですよ。

 


undervár「Söar」MV


ライブ映像とか見ると、文句なしにカッコイイ。


sads加入のニュースを見たときには、『音楽的にどうなの???合うの???』なんて思いもしましたが、
元々のゼリ→でのデビューも『清春プロデュース』の名の元にデビューしていますからね〜。
おお。まだ繋がっているんだな〜と。

 

学生時代に『黒夢』聴いてて、その延長で知ったのが『ゼリ→』(音楽性は全然違うけどw)で。
周りに知っているヤツ一人もいなかったけど、ゼリ→にドハマリして。

 

ずっと好きなミュージシャン二人なのでね。こうやって名前が見られるってのだけでも嬉しいモノですよ。

 


そういや。最近聴いてないな。。。家帰ったらCD引っ張り出してみようw

 


スポンサードリンク
 

 

hideのメモリアルライブが2018年春にお台場野外ステージで。。。そうか、もう20年か。


スポンサードリンク
 

 


どうも、こでわいです。
そう。もうそんなに前のハナシなんだなと。。。。このニュースを見てね。
思ったわけなんですよ。hideがなくなって、もう20年か。。。と。


時代が流れるってのは、なんとも早いモノですねー。


【hide没後20年、2018年春に大規模メモリアルライブ2DAYS開催決定】

2018年に没後20年を迎えるhideのメモリアルライブイベント
「hide 20th memorial SUPER LIVE『SPIRITS』」が、
4月28、29日の2日間にわたって東京・お台場野外特設ステージで
行われることが発表された。

 

これは本日12月10日に神奈川・CLUB CITTA'で開催されたhideの
生誕イベント「hide Birthday Party 2017」のエンディングにて、
hideの実弟でヘッドワックスオーガナイゼーションの松本裕士代表取締役
告知したもの。

 

松本氏は「私たちはみんなの笑顔が見たくて、みんなに喜んでほしくてこれまで
やってきました」と話してから、イベントの開催および第1弾出演者として
hide with Spread Beaverを発表。

 

「たくさんの人たちが応援してくれています。もうこんなことはできない。
本当に最後だと思うくらいの気持ちでがんばるので、
皆さんこれからもよろしくお願いします」と来場者にメッセージを送った。

 引用元:https://natalie.mu/music/news/260427


スポンサードリンク
 

 


当時の僕は専門学生でしたよ。ええ。憶えていますよ。その日学校遅刻していったんです。
面倒くさくってねw
昼から学校に行くとね。連れからこう言われましたよ。

 

『お前、てっきり東京行ってると思ったよw』

 

hideがなくなって、ニュースでも大々的に報道されていて。(いろんな憶測的な報道が多々ありましたからね。)
居ても立ってもいられずに、、、、なんて事。ファンの方々なら、、、
やられた人もいらっしゃるでしょうね。

僕には、残念ながらそこまでの行動力はありませんでしたが。


『hide』の音楽に触れたのは、実は非常に遅くてね。『Beauty&Stupid』を買ったのが最初。
6枚目のSINGLE作品ですね。

 


hide - Beauty & Stupid

 

昔、エックスがデビューした時。。。89年なので、当時小学5年生くらいだったっけな。
エックス自体が余り好きではなくw

 

そりゃそうだろ???歌謡曲やアニソン。アイドルの音楽にしか触れてなかったワケの自分が、
突如として現れた、あのメイク。あの出で立ち。あの音楽を理解できるワケもないw

 

 ※当時というか、僕は小3〜高2くらいまでの9年近くを、
ほぼ『ブルー・ハーツ』オンリーで過ごすというかなり偏った音楽の聴き方を
していたので、洋邦問わず結構疎いのであるw

 

ガキだった自分にはどれもこれも理解がし難かった。。。。高3くらいからだったかな。聴き出したのは。
それより少し遅れて『Beauty&Stupid』でhideのソロの作品にも触れだしたワケなのである。

 

というワケで、カリスマ的なミュージシャンであり、ギタリスト。熱狂的なファンも男女問わず多いhideですが、僕はあまりその影響を受けていないのである。

僕なんぞは、ずっと聴き続けてきたファンの方々の足元にひれ伏しても足らないぐらいであろう。
そこまで熱狂できるモノがある。人生の中で出会えたという事が、、、なんとも羨ましいなと思いますよ。

 

 

http://bpnavi.jp/s/general/pc/medias/show_by_key/hide_bp


一番くじともコラボってるんだね。先日からならしーですよ。


スポンサードリンク