CodeY Guitar -エレキギターを辞めずに済んだギター弾きのブログ-

エレキギターを辞めずに済んだギター弾きの音楽とかギターとかアレコレです

ギターを辞めた6月のことですよ。


どうも。「こでわい」です。

6月に一旦ギターを休止。というか、その時はもう一生弾けないのかな??何つって思ったワケですよ。
娘から「うるさい」との一言を受けましてね。ええ。


もう10年近く前ですかね。ギターをまた弾きだして。でも、日中は仕事。他にも子どもの面倒も嫁さんと分担して見ておったので、当然ながら仕事から帰ってきてからもいろいろとやる事があってギターなんて弾いている余裕はない。

でも、ギターが弾きたい。


考えた結果、睡眠時間を削るという結論に至ったわけですな。

午前0時くらいから午前2時から3時くらいですかね。
始めた当時は一日置きくらいの練習。現在は、ほとんど毎日この時間に弾いています。


家族の理解も得られていると勝手に思っていたトコロがあったのでしょう。

まー普通に考えたら、寝静まった夜中に。。。エレキギターの生音がいくら鳴らないといっても、うるさいですわなw


その時はかなり自暴自棄にもなりまして、今まで使っていたSNSのアカからなにから全部退会。機材も捨ててしまおうと思って、ゴミ袋へ一旦入れたんですよ。燃えるゴミの日にねw

したら。。。嫁さんから一言ありまして。

 

◆嫁さんからの一言


心のどこかで期待していたんですよ。嫁さんからさ。。


「捨てることはないじゃない。また弾ける時がくるわよ」的な言葉をどこかで待っていたんでしょう。


。。。。


しかしですよ。。。嫁さんからかけられた言葉ってのはね。。。

 

「今日。燃えるゴミの日じゃないから」


との一言でしたよ。ええw


一旦入れた機材たちをすごすごとゴミ袋から再び取り出すときのあの情けなさときたら、、、ないですなw

ま。結果的にはその一言で機材たちは無事生き残っていまして、現在でも元気に一緒に音楽ができるわけなんで、良かったわけですけどねw


もう二度とね。口には出しませんよ。

「ギターやめる」

なんてねw


家族から「うるさい」と、言われたら、、、、

「悪いけど我慢してくれ」、、、とw