CodeY Guitar -エレキギターを辞めずに済んだギター弾きのブログ-

エレキギターを辞めずに済んだギター弾きの音楽とかギターとかアレコレです

ジョン・フルシアンテ【憧れのギタリスト02】

 

どうも、こでわいです。

 

 

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストであり、【新世界5大ギタリスト】のひとりにも名前を連ねたり、【白いジミヘン】なんつって呼ばれるほどのギタリストさんでございますな。

 

f:id:bushiguitar:20170912124729p:plain

 

独特の哀愁漂うギターは通称【枯れたギター】と言われる、彼独特のクランチトーンの音色は、下手にテクニックに偏重せずに聴かせてくれる彼のギタープレイスタイルと相まって、まさにジョンの魂の叫びとも言えるギターを聴かせてくれるのです。

 


Red Hot Chili Peppers - Live Earth, London, 2007 [Full Concert] HQ

 

もうね。LIVEなんかアドリブだらけ即興だらけでベースのフリーと共にジャムりだしたら止まらないwボーカルのアンソニーにしてみればやり難い部分もあったりしたんじゃないでしょうかねw

まー。プロ・アマ問わず彼に憧れているギタリストさんって多いですよ。
カッティングギター、リズムギターのカッコよさっていうものも、彼のギターを聴いてから気付かされた事だし。


スポンサードリンク
 

 

 


ジョン・フルシアンテ

 

ミュージシャンの両親の元に生まれたジョン・フルシアンテ
その影響からか、たしか母親の古いギター片手に「ジミ・ヘンドリックス」の曲をコピーしまくってて、母親がラジオから流れてくるジミ・ヘンドリックス」の曲を聴いていたら、実はジョンが弾いてたとかいうくらいに完コピするまでに没頭してたとか。

元々、レッチリの熱狂的ファンだったジョン。オリジナル・メンバーのギタリスト、ヒレル・スロヴァクの死去後、その代役ギタリストとしてレッチリ加入。

「母乳」「ブラッド・シュガー・セックス・マジック」にて、ファンク色の強いギターを聴かせまくってます。
特に「ブラッド・シュガー・セックス・マジック」なんて名曲揃いで、スンゴいアルバムですよ。アレ。

日本公演中に精神を病んじゃってボイコット。一人帰国しちゃって、そのままバンドを脱退。
薬物中毒&ホームレス生活にまで落ち込んでしまったりもしています。

 


その後、レッチリに復帰。名盤「カリフォルニケイション」のリリースとなるワケですな。たしかレッチリ8年ぶりくらいのフルアルバムだったはず。

「カリフォルニケイション」、「バイ・ザ・ウェイ」、2枚組の「ステーディアムアーケイディアム」。と、楽曲の実質的に主導。

 

その後、レッチリを脱退してしまいましたが、、、ソロアーティストとして活動中ですな。

 


、、、彼のギターの魅力ってなんだろう???なんて考えたてたら、やっぱりあの【枯れたギター】。

 

ホント、魂を削って音を出してるんじゃね???なんて思えるくらいのギター。なんて自分的には思っておりますよ。

 

自分的には、おそらくジョン・フルシアンテが最高のギタリストで有り続けるんじゃないかと思っております。