CodeY Guitar -エレキギターを辞めずに済んだギター弾きのブログ-

エレキギターを辞めずに済んだギター弾きの音楽とかギターとかアレコレです

ギタリストNAKAO☆ 第二弾『The right choice』公開中である。


NAKAO☆師がアルバム制作に入って一ヶ月も経ってないんじゃないだろうか?
すでに2曲目が公開になっている。ひとまず聴いていただきたい。何かしら感じるトコロがあるはずである。

 


【MV】NAKAO☆「The right choice」


『The right choice』〜正しい選択〜である。タイトルは、、、一時期LINEで流行ったなwww

 

※全く関係ないが、ちなみに僕は『Wonderful choice』という言葉が好きである。
元は映画『アイ・アム・サム』でショーン・ペン演じる主人公の『サム』が口癖の様に使う言葉である。
『素晴らしい選択だね!』ってことである。素敵な言葉だ。
娘役のダコタ・ファニングも子役にして素晴らしい演技をしていたっけな。愛にあふれる素晴らしい映画である。


。。。話を戻そうw


NAKAO☆師というのは、本当に出し惜しみというモノを何かにつけてしない人である。
MVの公開もそう、曲にしてもそうだ。この人には『妥協』の二文字はない。

 

NAKAO☆さんの『OKライン』というモノを是非とも聞いてみたいモノである。
また、NAKAO☆さんの演奏している姿を動画で垣間見られるというのは、昔から知っている僕らとしては貴重という他ない。

 


以下、ご本人のブログからの引用文

この曲は昔の曲のリメイクになります。
4トラックのカセットMTRで作ったデモからで、二十歳ごろに作った曲です。
構成をシンプルにして、シンセを足したりしましたが、ギタープレイに関しては、
ほぼ当時のままのアレンジです。

引用元:http://blog.livedoor.jp/torikama/archives/1069031384.html

 


何かの時に読んだ憶えがある。NAKAO☆さんの学生時代だか、楽曲制作を生業にしていた時だか。
テンポを曲中で変えたり、変調したりという、とにかく複雑な曲を作っていた時期があったとか。

その頃の曲が原案なのだろうか。
今回のアルバム制作に関して、『聴きやすいモノにはならない』という言葉の一端なのだろうか?

だが、聴こえてくるのは僕らの知っている『NAKAO☆師』の音、『NAKAO☆節』である。

 

師に実際に会ったのは一度だけだ。『Punch家主催〜リアルライブ2〜』に僕が演者として
出演した時に、打ち上げの時に少し話す事ができた。
作曲について少し聞けたわけですが、その時の教えを今も常に胸に置いている。

『鼻歌最強』

コレである。

 

メロディを常日頃から『歌う』ことが大事ですよ。と。鼻歌が最強なんです。と。


NAKAO☆さんの曲はどの様に生み出されているのだろうか???
また一度ゆっくりお会い出来る機会があれば、是非とも聞いてみたいモノである。


そして、今度はどこの街を舞台とするのか???


我が『岐阜県』の寒々しいの山ん中の画像を撮影して送りつけて。。。。
いや、やめておこうw

陶磁器の寂しい田舎街の風景なんぞは、華やかな『NAKAO☆楽曲』には相応しくないなwww

やはり『NAKAO☆楽曲』には都会の風景がよく似合う。

 


【ギタリストNAKAO☆関連チャンネル】

 

NAKAOguitar2012 - YouTube

 

NORIAKI NAKAO : Album, Discography | TuneCore Japan

 

指から煙 シーズン2(ブログ)